腰痛治療 大阪

メニュー

仕事で腰痛になりました。職業病です。

大阪市に住んでいるヒロシです。

 

 

高倉小学校から高倉中学校、その後は都島工業高校へ進学しました。

 

 

今の仕事は住宅建材の工場でプレス加工をしています。

 

安全靴の着用が必須の工場での仕事です。

 

 

時にはヘルメットをかぶり、フォークリフトの運転もします。

 

 

長らく腰痛で悩んできましたが、このDVDに出会ってから、だいぶ身体が楽になりました。

 

 

 

>>>腰痛改善ストレッチ「福辻式」DVD<<<

 

 

 

工場での作業なので、プレスを踏む作業、何十キロもある重い金型の運搬が日常の業務としてあります。

 

 

それで、この工場での仕事を始めて二年くらいしてからでしょうか?

 

腰に痺れるような痛みを感じるようになりました。

 

サオ付きの金型(普通の金型よりも大きくて重い)を運んでいる時に、腰に違和感を感じました。

 

 

そして、この痛みは時間とともにひどくなり、ついには歩くだけ、椅子に座るだけでも腰に痛みを感じるようになりました。唯一、横になった状態のときだけが楽な姿勢になりました。それもあお向けに寝ると尾てい骨が圧迫されるので脇腹を下にした状態で寝るのです。

 

 

「これが腰痛か。。。」

 

妙に感慨深かったです。というのも職場には腰痛持ちがたくさんいたからです。

 

コルセットを身体に巻いて仕事をしている先輩もいました。

 

「夏はコルセットが蒸れるな。あせもまで出来た」

 

とか言っていた先輩のことを鼻で笑っていましたが、ついに自分がそんな目に合うことになったのです。

 

職場に腰痛持ちがたくさんいるということは、これはもう職業病でしょう。

 

 

しかし、仕事が忙しくて、なかなか病院には行けませんでした。

 

それでも、腰に痛みを抱えたままでは、まともに仕事が出来ません。

 

 

プレスを踏んだときの反動が腰に響きます。

 

ガマンできなくなり、まずは地元の整骨院に行きました。

 

 

整骨院では整形外科で、まずレントゲン写真を撮影してくるように言われました。

 

そして、そのレントゲン写真をみた整骨院のドクターが言いました。

 

 

「あなた、ソクワンショウですね」

 

ソクワンショウ、初めて聞く単語でした。

 

漢字で書くと「側弯症」こんな字です。

 

 

レントゲン写真を見せてもらいました。

 

見ると背骨がS字に曲がっているのです。

 

 

「え!、オレ、奇形やん」

 

ドクターが言うには、この側弯症は先天的なものではなく、後天的なもので中学生くらいのときになったはずだ。「思春期 特発性側彎症」という診断でした。

 

 

それで、「あなたは側弯症なので、普通の人よりは腰が弱い。それから長時間のフライトを必要とする飛行機には乗らない方が良い。エコノミー症候群になる可能性が非常に高い」と言われました。

 

 

 

これから、私の腰痛との闘いが始まりました。

 

整形外科にも行きました。整形外科では痛みどめの注射を打って、湿布を出されて終わりです。

 

 

一時的な解決方法で、根本的な原因を取り除いたわけではありません。

 

西洋医学が対症療法というのは本当かもしれません。

 

 

接骨院では電気だけで終わりです。

 

一番、効果が高かったのは整体院ですかね。

 

ただし、これにも難点があって整体は健康保険が効かないので「高い」のです。

 

整形外科や接骨院は健康保険が効くので、それほどの金額にはなりません。

 

しかも、整体院は安いところでも一回につき、3000円くらいは普通にします。

 

当然のことながら安い整体院は腕も悪いです。

 

必然的に良い治療を求めれば、それなりの料金が発生します。

 

 

高い整体院では一回につき4000円くらいです。

 

安い給料の中から整体院のオカネを出すのは、正直な話、フトコロが痛かったです。

 

週に一回、行くだけで、一か月に1万6000円の出費です。

 

 

そんな時です。人づてに、この「腰痛体操」のことを聞いたのは!

 

 

>>>腰痛改善ストレッチ「福辻式」DVD<<<

 

 

 

 

このDVDを見た感想は「もっと早く知りたかった!」です。

 

価格については一か月の整体通いの料金と、ほぼ同じくらいです。

 

私の歯の写真です。

 

 

こちらから見て右側の歯が3分の1ほど擦り減っているのが、お分かりいただけるでしょうか?

 

腰の負荷が、背骨に、背骨の負荷が、アゴに、アゴの負荷が最終的に歯に掛かるのです。

 

 

私は医者ではないので、詳しいことは分かりませんが、睡眠中に身体は「疲れ」というか「負荷」を正常にするために勝手に反応、対応します。

 

 

それで、腰から伝わってアゴに来た負荷がバランスを取るために、寝ている間に自然と歯ぎしりをしてしまうのです。

 

 

それで前述のように私の背骨は曲がっていますから、背骨の湾曲に合わせて歯も擦り減っていったのです。

 

顎関節症(がくかんせつしょう)??とか言うらしいですが。

 

歯の摩耗の仕方は、私の背骨の歪みと比例しています。

 

 

歯ぎしり防止にマウスピースをして寝ていた時期もありました。

 

 

使用前。新品の状態。

 

 

使用後。黄ばみも目立ちます。

 

 

このマウスピースも使っていくうちに擦り減って、摩耗して、ひび割れたりしました。

 

このマウスピースも歯医者さんで6000円くらいしました。

 

現在では改善されて、このマウスピースも不要になりましたが。

 

今にしてみれば、なぜもっと早く、このDVDを見なかったのか。

 

 

なぜもっと早く、この腰痛体操をしなかったのか。

 

 

後悔すること、しきりです。

 

逆の意味で歯ぎしりしそうです!

 

 

あなたにも早く苦痛から解放される喜びを味わって欲しいです!

 

 

>>>腰痛改善ストレッチ「福辻式」DVD<<<

 

 

 

 

 

 

 

メニュー